いつでもやっぱりイジリスト

ホワイトシェパード イジーとの日常

分かれ道の今日

昨年の今日はイジーの混合ワクチン接種日でした。
病院が苦手なイジーだったので、行かなくてはいけない時には
まとめていろんな検査をしてもらっていました。

少しずつ後ろ脚が弱ってきてはいたものの、
血液検査の結果はとてもよく、全身の触診でも何も見当たらず。
ちょっとおしっこが近くなっていることを相談したけれど、
年齢もあるし、病気を疑うほどでもなくて。

1か月後に狂犬病の予防接種をするので、
その時まで様子見することになりました。

今思えば、年齢ではなくて病気の兆候だったのかもしれません。
イジーが病院を苦手だったとしても、
もっとこまめに行っていたら結果は違っていたんじゃないか。
去年の今日が分かれ道だったんじゃないか、
私が見逃してしまったんじゃないか、
大きな間違いをしたんじゃないか、、、

そんなことを思う今日。

2022-3-21


022.3.21のイジー


イジーに触りたいなぁと思っていたら夢に出てきてくれました。
イジーを抱きしめてなでなでするだけの夢。
イジーと過ごした毎日は幸せだったなぁ。

タンポポが咲き始めてるよ。
食べに来てくれるかなぁ


不思議なこと

いつも湿っぽい話ばかりでは面白くないと思いながらも
これはイジーとの生活のブログだし
どうしてもイジーの話になれば湿っぽくなってしまうし…と
方向性が定まりません。




夢にもなかなか出てきてくれないイジーですが
不思議なことがちょくちょくありまして。

いつもイジーが寝そべっていたところに
イジーが見えるんですよ。

いつもイジーがそこにいた記憶が、
私の視覚を勝手に補完してるんだとは思うんですけど。
いつもではないけれども、たまにいるんです。
え?と思って二度見するんだけれど、本当に見えるの。

それから、イジーのお骨や写真、お花を飾っているところに
キャンドルを焚いてるんですが
「少し出かけるからキャンドルを消すね~」って言ったら
私が炎を消す前にすーっと勝手に炎が消えるとか。

帰宅して玄関を開けようとすると
生前ドアのところでお迎えしてくれてたように
部屋の中からバタバタっと足音が聞こえて
ドアのところにお迎えに出てきてくれてる気配がするとか。

他にもあるけど、あんまり言うと心配されちゃうからこのくらいで。
私ヤバいかな。


イジーと過ごした日々は本当に幸せで
とっても感謝してるんだけれども
なかなか気持ちよく送り出してあげられていない
情けない飼い主です。

イジー、まだまだ悲しいけれど
お空でたくさんの仲間と楽しく暮らしていいんだよ。

IMG_20160530_144842

百箇日

昨日はイジーの百箇日でした。
百箇日は心に区切りをつける日、だそうです。

区切りかぁ…
もう百日も経ったんだ…


イジーはいつもご機嫌で笑っていました。
逝ってしまうその日も
私に心配をかけまいとするかのように
微笑んでいました。

かわいかったなぁ
姿が見えなくてさみしいなぁ
逢いたいなぁ

20220719-1
生きていたイジーの最後の写真です。
この写真を撮った数時間後に逝ってしまうなんて…




イジーのこと
ギャラリー
  • 分かれ道の今日
  • 不思議なこと
  • 百箇日
  • 13歳のお誕生日と月命日
  • 四十九日
  • 月命日
  • わかったつもりになっていたけれど
  • クールなイジー
  • 温灸とか
アーカイブ